クラボウインターナショナルのSDGs貢献活動

                                                                                                                                  >>商品のお問い合わせ

SDGs貢献活動について

SDGs Promotion Activity

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは, 2015年9月の国連サミットで採択された 「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものです。 クラボウインターナショナルは、グローバルな事業展開において、SDGs(持続可能な開発目標)の達成を目指します。

私たちクラボウグループは、新しい価値の創造を通じてより良い未来社会づくりに貢献します。

クラボウインターナショナルのSDGs活動

誰でも気軽に始められ、続けられる運動法であるドイツの元競歩選手のハートヴィッヒ・ガウダー氏が考案した 「パワーウォーキング®」での健康増進コンセプトに賛同し、製品開発、上市していくことで、 この目標達成に貢献します。

 

この3つの目標への貢献素材として、特殊機能性レーヨン「ルナセル®」とポリエステルを原料とした「ルナセル® サーモ」を上市しました。採取を問題視されることがある羽毛を使用しない「ルナセル® サーモ」を寝具やコタツ布団、

中綿衣料に利用することで、冬でも部屋の設定温度を今より数度下げることも可能になります。また、家庭洗濯が

可能なことから無理なく長く使えます。

これらの機能でそれぞれの目標達成に貢献します。

 

当社CSRポリシーの制定と徹底の活動、ならびに自家工場AKMのあるインドネシアでの雇用促進等でこの目標に 貢献します。

 

バングラディシュ等の後発開発途上国やベトナム等の新興国の協力縫製工場への継続的な技術支援での産業活性化への貢献します。

 

クラボウとも協業してリサイクルシステム(ループラス)構築に挑戦します。 また、BCIコットン、生産履歴が確かなオーガニックコットン、フェアトレードコットンなど地球環境だけでなく、 ともすれば流通弱者になりうる生産者へも支援可能な原材料の使用を推進しこの目標達成に貢献します。

 

 

page top