>>商品のお問い合わせ

デニム素材

クラボウインターナショナル デニム

DENIM

デニムを中心とした選りすぐりの素材

デニムを中心としたカジュアル素材は国内の選りすぐった技術を結集し企画・生産しています。 

より良い品質(原綿、紡績、織り、加工)にこだわり生産することで国内はもとより

欧米の ラグジュアリーブランドにも採用され、 国内外の多くのブランドから認知されています。

68シリーズ(ヴィンテージデニム)の生産では、アメリカデニム創世記の特長を再現す

るため、 あえて凹凸のあるムラ糸を紡出、 糸染めは地球環境保全を考慮した最新のインディゴ染め (水の使用量やCO2の削減)を採用、 また、ヴィンテージを再現するため、

今や廃盤になっている貴重な旧式のシャトル織機やレピア織機を

指定して生産しています。

 

一方、デニムの可能性を求めインテリアやカバン・シューズなどにも販路を拡大し、

新たなマーケット開拓に努めています。

また、ファッション性や穿きやすさから主流となっているストレッチデニムや生地染めな

ど様々なバリエーションの素材企画に対応し提供しています。

 

68シリーズ  ヴィンテージデニム

▶原綿

デニムに最適な特長のコットンにこだわり採用

▶原糸

国内の紡績工場が紡ぎだす凹凸のあるムラ糸を使用

▶染色

インディゴ染は藍染の産地、備後地区で染色

▶織り

国内のデニム専用工場でヴィンテージ感を求め今や希少価値のシャトル織機やレピア織機を指定して生産

 

 

  色名 シリーズ名 品番              特徴
本藍ミックス 6800
インド藍(天然藍)とインディゴ染料を40:60でブレンド。
藍染でしか味わえない、自然の淡いブルーを楽しめます。

グレー 6810 硫化染料使いのグレー。
ヨコ糸の黒との相性が良く深みのある色を作り出します。

フェード 6820 6860の淡色(フェード色)展開。ピュアインディゴにて染色。 
ブリーチ加工する際の工程を少なくできます。

濃インディゴ 6830 インディゴ染料で15回染色した濃色に硫化染料を加え深みのあるブルーを演出しています。

ブラック 6840 硫化ブラック染料使い。
中シロ加工です。

インディゴ 6860 最も歴史があり、長年愛されている色。ピュアインディゴのみで染色しているため、鮮やかな藍色です。

藍錆 6870 日本古来のあいさび(藍錆)を再現。
ヴィンテージ感が出る一色です。
 
リアルブラック 6880 ブルーオンブラック。より深みのあるブラック感を演出するため、インディゴで地染めを行い、その後ブラックをオーバーダイしています。ブラックが落ちる過程でのインディゴとのミックス感が絶妙です。    

クラボウインターナショナルデニム 製品画像ギャラリー

page top